検索結果詳細表示

学名: Alpinia x formosana K.Schum.
和名:  クマタケラン
学名ステイタス: 標準
掲載図鑑とページ番号: (平凡社・日本の野生植物)草本1: 186, pro sp.;(保育社・原色日本植物図鑑)草本3: 73, f. 54;(講談社・Flora of Japan)4b: 190;(至文堂・日本植物誌)451, pro sp.;
文献情報(原記載文献など): Bot. Jahrb. Syst. 27: 283 (1899), Pfl.-reich 20(IV-46): 340 (1904); Hayata, Ic. Pl. Form. 5: 226 (1915); Kitam. in B. M. T. 59: 38 (1946); Ohwi, Fl. Jap.: 335 (1953), ed. Engl. 317 (1965); Masam. in Sci. Rep. Kanazawa Univ. 5(2): 118 (1957); Hatus., Fl. Ryukyus: 797 (1971); E.Walker, Fl. Okinawa: 328 (1976); C.T.Moo, Fl. Taiwan 5: 834 (1978); T.L.Wu & S.J.Chen in T.L.Wu, FRPS 16(2): 86 (1981); T.L.Wu & K.Larsen, Fl. China 24: 336 (2000); J.J.Yang & J.C.Wang, Fl. Taiwan ed. 2, 5: 709 (2000), excl. syn. A. koshunensis; C.H.Chen et al., Ill. Fl. Taiwan 3: 239 (2017). アオノクマタケラン×ゲットウ Type: Taiwan, bei Kelung im Wald an der Kapsulan-Ebene auf der Ostkuste (O.Warburg 9705, B).
中国名: 美山姜 (臺灣月桃)
科名: APG: Zingiberaceae(ショウガ科); クロンキスト: Zingiberaceae(ショウガ科); エングラー: Zingiberaceae(ショウガ科)
データ編集日: 2020.07.10



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2022年5月28日).