検索結果詳細表示

学名: Thalictrum filamentosum Maxim.
和名:  オオミヤマカラマツ
学名ステイタス: 標準
掲載図鑑とページ番号: (平凡社・日本の野生植物)草本2: 85, excl. pl. ex Jap.;
文献情報(原記載文献など): Mem. Acad. Imp. Sci. Saint-Petersbourg Div. Sav. 9 [Prim. Fl. Amur.]: 13 (1859); Regel in Bull. Soc. Nat. Mosc. 34(1): 3 (1861); Lecoy. in Bull. Soc. Bot. Belg. 24: 159 (1885); Kom., Fl. Mansh. 2: 306 (1903); Nakai, 朝鮮植物 1: 43, f. 22 (1914); Koidz. in B. M. T. 39: 20 (1925); Kom. & Aliss., Key Pl. Far E. Reg. USSR 1: 553 (1931); Nevski, Fl. URSS 7: 516 (1937); Kitag., Lineam. Fl. Mansh.: 227 (1939), Neo-Lineam. Fl. Mansh.: 311 (1979); Tamura in A. P. G. 15(3): 84 (1953), p. p., excl. pl. ex Jap. et syn. T. uchiyamae; Vorosch., Fl. Soviet. Dal'n. Vost.: 214 (1966); S.X.Li & Y.H.Huang, Fl. Pl. Herb. Chin. Bor.-Or. 3: 209, t. 90, f. 5-7 (1975); W.T.Wang & S.H.Wang, FRPS 27: 556, t. 136, f. 7-8 (1979); Luferov in Kharkev., Pl. Vasc. Or. Extr. Soviet. 7: 145, t. 10 B (1995); W.T.Lee, Lineam. Fl. Kor. 1: 344 (1996), p. p., excl. syn.; D.Z.Fu & G.H.Zhu, Fl. China 6: 289 (2001). Type: Russia [Khabarovsk Region]: Im sudlichen Theile des untern amur: in Laubwaldern am Fusse des Geong-Ruckens, gegenuber Zjanka, haufig (C.J.Maximowicz, 21 May 1855 (flor.), LE).
生態情報: 外
ノート: K.S.Jeon et al. in Kor. J. Pl. Taxon. 37: 455 (2007)によれば朝鮮半島の産を確認できない。一方,Minoda (in 長崎県生物学会誌 no. 72: 27-31, 2013)およびNakanishi (長崎県植物誌: 210, 2015)は対馬と平戸にはムラサキカラマツとオオミヤマカラマツが2種とも産するとする。さらに,D.C.Son et al. (in J. Asia-Pacific Biodiv. 10(1): 112-117, 2017)によれば,オオミヤマカラマツに似た中国中南部産の T. acutifolium (Hand.-Mazz.) B.Boivin (in Rhodora 46: 364, 1944: 남방꿩의다리)が済州島に産するとしている。これらの意見の食い違いを検討する必要がある
中国名: 花唐松草
韓国名: 큰산꿩의다리
科名: APG: Ranunculaceae(キンポウゲ科); クロンキスト: Ranunculaceae(キンポウゲ科); エングラー: Ranunculaceae(キンポウゲ科)
データ編集日: 2018.8.21



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2021年3月7日).