検索結果詳細表示

学名: Physalis angulata L. var. angulata
和名:  ヒロハフウリンホオズキ
学名ステイタス: 標準
掲載図鑑とページ番号: (平凡社・日本の野生植物)帰化: 178;
文献情報(原記載文献など): Sp. Pl. 1: 183 (1753); Hook. & Arn., Bot. Beechey Voy.: 267 (1838); Masam., Fl. Geob. Yakus.: 399 (1934), in Sci. Rep. Kanazawa Univ. 4(1): 60 (1955); Yamam. in J. Soc. Trop. Agr. Form. 6: 559 (1934); Hatus., Fl. Ryukyus: 539 (1971); E.Walker, Fl. Okinawa: 917 (1976); Ikehara, 沖縄植物野外活用図鑑 3: 156 (1979); Kuang & A.M.Lu, FRPS 67(1): 56 & 58 (var. angulata) (1978), p. p., excl. fig.; S.Kobay. & M.Ono in Ogasawara Res. no. 13: 24 (1987); Z.Y.Zhang et al., Fl. China 17: 312 (1994); D'Arcy & C.I.Peng, Fl. Taiwan ed. 2, 4: 560, t. 255, photo 298 (1998); Katsuy., Fl. Kanagawa no. 48: 554 (1999, njn), Fl. Kanagawa Pref. 2001: 1244 (2001); S.Z.Liu & W.Cao, Fl. Pl. Herb. Chin. Bor.-Or. 8: 13, t. 6, f. 3 (2005); Uyemura et al., 日本帰化植物写真図鑑 2: 221, in nota (2010).
別名: センナリホオズキ (sensu Hatusima 1971)
生態情報: 帰
中国名: 苦蘵 (燈籠草)
科名: APG: Solanaceae(ナス科); クロンキスト: Solanaceae(ナス科); エングラー: Solanaceae(ナス科)
データ編集日: 2020.11.06



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2021年10月20日).