検索結果詳細表示

学名: Zehneria mucronata auct. non (Blume) Miq.
和名:  ニオイスズメウリ
学名ステイタス: シノニム →標準名へのリンク
文献情報(原記載文献など): [Fl. Nederl. Ind. 1(1): 656 (1856)]; C.Jeffrey in Kew Bull. 15: 367 (1962), p. p.; H.Y.Liu in Taiwania 28: 119 (1983), Fl. Taiwan ed. 2, 3: 870, t. 431 (1993), p. p., excl. syn. Z. liukiuensis; A.M.Lu & Z.Y.Zhang in A.M.Lu & S.K.Chen, FRPS 73(1): 174 (1986), p. p., excl. syn. Z. liukiuensis.
別名: クロミノスズメウリ
生態情報: 外
ノート: Zehneria mucronata (Blume) Miq. (1856). = Bryonia mucronata Blume, Bijdr. 15: 923 (1826). = Pilogyne mucronata (Blume) W.J. de Wilde & Duyfjes in Reinwardtia 12(5): 410 (2009), Fl. Males. ser. 1, 19: 199, f. 58, t. 19 c-d (2010).は長楕円体で赤色の果実をつけ,インドネシア〜ニューギニア,フィリピン南部に分布する別種である。 台湾でクロミノスズメウリの名のもとにまとめられ,この植物の学名が当てられていた植物のうち,高地のものはDe Wilde & DuyfjesのいうようにZ. repanda (Blume) Simmonsに当たると思われるが,低地のものについてはde Wilde & Duyfjesのようにクロミノオキナワスズメウリに当てるのは間違いと思われる
中国名: 黑果馬@兒 (@=瓜+交)
科名: APG: Cucurbitaceae(ウリ科); クロンキスト: Cucurbitaceae(ウリ科); エングラー: Cucurbitaceae(ウリ科)
データ編集日: 2020.09.03



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2022年11月28日).