検索結果詳細表示

学名: Ipomoea coccinea L.
和名:  マルバルコウ
学名ステイタス: 標準
掲載図鑑とページ番号: (保育社・原色日本植物図鑑)帰化: 159;
文献情報(原記載文献など): Sp. Pl. 1: 160 (1753); Fernald, Gray's Man. Bot. ed. 8: 1180 (1950); Osada, Ill. Jap. Alien Pl.: 81, t. 165 (1972); E.Walker, Fl. Okinawa: 870 (1976); D.F.Austin & Huaman in Taxon 45: 6, in t. 1 (1996).
別名: マルバルコウソウ
生態情報: 帰
ノート: cf. Ipomoea cholulensis Kunth in H.B.K., Nov. Gen. Sp. (qto ed.) 3: 112 (1819); S.W.Chung, Ill. Fl. Taiwan 6: 298 (2018). = Quamoclit cholulensis (Kunth) G.Don, Gen. Hist. Dichl. Pl. 4: 259 (1838). Type: Mexico [Puebla], prope urbem Cholula, alt. 1080 hex. (Humboldt & Bonpland s.n., fl. Jan., P). - stems and leaves typically puberulous, native area C to S America, whereas I. coccinea in native to N America. Although Chung (2018) refers Taiwanese plants as I. cholulensis, he described stems as glabrous.
中国名: 橙紅蔦蘿 (圓葉蔦蘿)
韓国名: 둥근잎유홍초
科名: APG: Convolvulaceae(ヒルガオ科); クロンキスト: Convolvulaceae(ヒルガオ科); エングラー: Convolvulaceae(ヒルガオ科)
データ編集日: 2020.12.03



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2021年10月19日).