検索結果詳細表示

学名: Scutellaria indica L. var. parvifolia (Makino) Makino
和名:  コバノタツナミ
学名ステイタス: 標準
掲載図鑑とページ番号: (平凡社・日本の野生植物)草本3: 77;(保育社・原色日本植物図鑑)草本1: 186;(講談社・Flora of Japan)3a: 318;(至文堂・日本植物誌)1286;
文献情報(原記載文献など): 増訂草木図説 3: 846 (1913); Ohwi, Fl. Jap.: 1001 (1953); W.T.Lee, Lineam. Fl. Kor. 1: 968 (1996). basion.: S. indica beta. japonica (C.Morren & Decne.) Franch. & Sav. f. parviflora Makino in B. M. T. 18: 87 ('71') (1904). Syntypes: Kochi, Sakawa (T.Makino, 1885, MAK); Tanokuchi in Hata-gori (K.Watanabe, 26 Oct. 1891, TI); Hyogo (Settsu), Ikuta (coll.?, 10 May 1879, TI); Tokyo, Mt. Takao (T.Makino, 18 May 1902, MAK).
別名: コタツナミソウ,ビロードナミキ,ビロードタツナミ
ノート: 中国大陸からの本変種の報告 (e. g. H.W.Li in C.Y.Wu & H.W.Li, FRPS 65(2): 178 (1977); H.W.Li & Hedge, Fl. China 17: 88, 1994)は検討を要する.Li (1977); Li & Hedge (1994)の記載には花冠が長さ1-1.5 cmとあり,むしろアカボシタツナミソウに近い.同書では台湾にも本変種が産するとしているが,これも何かの誤りと思われる.
韓国名: 좀골무꽃
科名: APG: Lamiaceae(シソ科); クロンキスト: Lamiaceae(シソ科); エングラー: Labiatae(シソ科)
データ編集日: 2012.5.12



<← 前ページに戻る>

本サービスを用いて作成したリストを発表する場合に推奨される引用形式:
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2019年1月17日).